陰嚢湿疹

陰嚢湿疹かなと思ったらまずは医師に相談しよう!症状には個人差があるので注意が必要

更新日:

「股間が痒い」というのはそれが家族でもあってもなかなか人に相談しづらいものです。それが他人であるお医者さんであればなおさらのことでしょう。とはいえ、股間の痒みの原因はさまざまでかならずしも陰嚢湿疹とはかぎりません。自分だけで解決したい気持ちは非常によくわかるのですが、まずは専門医に相談するようにしましょう。

陰嚢湿疹とはかぎらない股間の痒みと注意点

陰嚢湿疹は症状が軽い重いに関わらず、まずは一度、お医者さんに診てもらうことをおすすめします。というのも、股間の痒みの原因は陰嚢湿疹だけではなく、陰金田虫(インキンタムシ)や疥癬(かいせん)など、他の病気が原因の可能性もあります。そうした他の病気と陰嚢湿疹は対処法がまったく異なるため、間違って陰嚢湿疹の対処法を実践してしまうと病気を悪化させてしまう恐れがありますので十分に注意してください

このサイトで紹介している対処法等はあくまで管理人が個人的に検証したものやインターネットからの情報であるため、実践する場合は必ず自己責任で行って下さい。

同じ股間の痒みでも陰嚢湿疹と他の病気は全然違う

陰金田虫(インキンタムシ)

陰金田虫は白癬菌(はくせんきん)という菌が原因で起こる病気です。足の付け根あたりからお尻の穴のほうに発症することが多く、陰嚢(金玉袋)にはめったに発症しないそうです。陰金田虫なのに陰嚢湿疹の対処法を実践したり、逆に陰嚢湿疹なのに陰金田虫の対処法を実践したりすると、どちらの場合も状態を悪化させる可能性があります。

疥癬(かいせん)

疥癬はヒゼンダニ(疥癬虫)という人の皮膚にのみ棲息するダニが原因で生じる皮膚の病気です。陰嚢や陰茎(ちんこ)に赤褐色のしこりが見られ、全身に痒みがでることもあるようです。疥癬と陰嚢湿疹は対処法がまったく異なります。特に気をつけるべき点としてステロイド剤は疥癬を悪化させてしまいます。ステロイド剤によってヒゼンダニに対する免疫反応を低下させてしまうそうなので、十分に注意しましょう。

股間の痒みの原因を素人が判断するのはとても危険

股間の痒みの原因は上記のものだけとはかぎりません。原因はさまざまありますし、仮に陰嚢湿疹だったとしても陰嚢湿疹が発症する原因というのもまた不明で、個人差があります。男性にとって股間部分というのはある意味人生に関わる非常に重要な箇所です。股間に痒みだけではなく違和感を感じたなら、素人判断をするのではなくまず専門医に相談するようにしましょう。

-陰嚢湿疹

Copyright© 陰嚢湿疹ドットコム , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.