陰嚢カンジダ症

陰嚢カンジダ症は陰嚢湿疹(陰金)と間違えられやすい病気の一つですが、カンジダ症とは菌によって皮膚や粘膜の感染で起こる皮膚病です。

症状

陰嚢カンジダ症は夏に悪化する傾向があり、かゆみだけでなく粉がふき赤くなります
若い男性、入院患者、労働者などに発症しやすい病気ですが、糖尿病の人は更にかかりやすくなるようです。

治療法

カンジダ菌の発育は、水虫の原因の白癬菌と比較して発育が早く急激に悪化しますが、薬の反応もよく急激によくなります(抗真菌剤の外用や内服があります)。
陰嚢カンジダ症かなと思ったら迷わずお医者さんに診てもらうようにしましょう。
また、入浴時などは、石鹸でよく洗うことも重要だそうです。清潔にして再発防止を心がけましょう。

詳細は陰嚢カンジダ症を扱ったサイト等を参照ください。

更新日:

Copyright© 陰嚢湿疹ドットコム , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.