陰部ヘルペス

陰部ヘルペスは性病の一つです。性行為によってヘルペスウイルスが感染してしまった状態のことをいいます。

症状

性器やその周辺部に小さな水泡(あるいはイボ状)のようなブツブツ(あるいは腫れ)ができ、患部に激しい痛みやかゆみを伴います。

治療法

陰部ヘルペスに感染した場合は、ヘルペスウイルスに効く抗ウイルス剤を使った治療を行うのが一般的ですが、処方される抗ウイルス剤は医師の処方が必要ですので、陰部ヘルペスかなと思ったらすぐに医師の診察を受け受診ましょう。

注意点

抗ウイルス剤を使った治療を行っても、性器周辺の神経を伝って腰部近くにある腰仙骨神経節というところに潜伏するといった性質をもっているため、症状が治まったあとでも疲労や免疫力低下により再発することがあるので注意が必要です。

詳細は陰部ヘルペスを扱ったサイト等を参照ください。

更新日:

Copyright© 陰嚢湿疹ドットコム , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.