陰嚢湿疹

もしかして陰嚢湿疹かな?と思ったら股間がかゆい状態について分析してみよう

更新日:

股間がかゆい、もしかして陰嚢湿疹かもしれない、いろいろな不安とどうすればいいんだろうという疑問がわいてきます。気持ちはわかりますが、まずは医師の診察を受けることをおすすめします。もしかしたら陰嚢湿疹ではない病気だと診断されるかもしれません。もし陰嚢湿疹だと診断されてもおそらくは原因がわからないと思います。ですから、その後にどうやって股間のかゆみに対処するかを考えて見ましょう。

股間がかゆい状態には段階があるので状況に応じた対処方法を考えよう

まず前提として管理人のこれまでの経験や調べた情報からすると、陰嚢湿疹は薬を使って根治させることが非常に難しいものだと思っています。飽くまで管理人の見解ですが、陰嚢湿疹の原因はストレスを含む生活習慣だと思います。とはいえ「股間がかゆい!」という直面する問題にまずは対処しないと、生活習慣の改善をする余地もないかもしれません。そこでまずは薬を使って陰嚢湿疹の状態を一時的に改善する方法を考えて見ました。

以下は管理人が実践していた個人的な見解に基づく対処方法です。実践の際は必ず自己責任でお願いします

陰嚢湿疹による股間のかゆみの状態を3段階に分けてみる

軽度な陰嚢湿疹の状態

 

商品の詳細はこちら

陰嚢湿疹になり始めた、もしくは今はいったん治ってきていて、陰嚢(金玉袋)にはっきりとした炎症はないがたまに股間がかゆいという状態です。こういう状態の場合は引き続き股間をかかないようにすることがとても大切です。股間のかきむしりが陰嚢湿疹の悪循環の始まりとなってしまいます。股間がかゆいと感じたときのために軽めのかゆみ止め薬を準備し、生活習慣の改善を続けつつかゆみによるかきむしりをしてしまわないように気をつけましょう。

中度な陰嚢湿疹の状態

商品の詳細はこちら

毎日のように股間がかゆい、そしてすでに陰嚢(金玉袋)をかきむしってしまって皮膚炎になっている(陰嚢に掻き傷がある)状態です。もしくは重度な陰嚢湿疹が少し治ってきていて陰嚢に少し瘡蓋(かさぶた)状態が残っているときも中度な陰嚢湿疹といえるかもしれません。この場合、まずは陰嚢の皮膚の炎症を抑える薬を使って、陰嚢にできた掻き傷を治すことで陰嚢湿疹の軽度にまでもどしましょう。その後、生活習慣の改善を行いつつ再び陰嚢をかきむしらないように注意します。

重度な陰嚢湿疹の状態

商品の詳細はこちら

何回も陰嚢(金玉袋)をかきむしってしまい陰嚢にひどい掻き傷がある状態です。瘡蓋(かさぶた)ができでは掻き毟るというのを繰り返すことによって、陰嚢の皮が硬くなり陰嚢がただれてジュクジュク状態になっているというひどい状態です。この状態の場合、少し治ってきても皮膚が弱ってしまっているため、ちょっとした刺激ですぐにかゆくなり、掻き傷がひどくなったりします。まずは一度、掻き傷の状態をいっきに治してしまう必要があります。これは自己責任ですがステロイド剤が含まれた少し強めの薬を使うことで、なんとか炎症とかゆみを抑えてしまいましょう。荒治療ですが一気に軽度な状態に戻しその後、再度股間が激しくかゆいと感じる前に生活習慣の改善を行っていきましょう。

股間が少しかゆい程度の陰嚢湿疹の状態にもどす

陰嚢(金玉袋)がただれてしまっている状態のときは、じっくり治そうにも股間がかゆいと感じる度合いが強すぎて、生活習慣を改善している最中に再び悪化させてしまう可能性があります。とにもかくにも、まずは陰嚢の皮膚そのものを良好な状態にもどす必要があると思います。股間のかゆみが若干落ち着いているあいだに、生活改善やかゆみをやわらげる弱い薬などを併用してじっくりと治していくのが良いのではないかと思います。

何度もいいますが、管理人の体験からすると薬で完治させるのは困難です。生活習慣の改善は即効性が無いのでじれったく思うかもしれませんが、まずは生活習慣の改善を試みてください。股間がかゆいときの辛さは本当に理解できます。ですから、陰嚢湿疹を改善する方法をまじめに考えましょう。

-陰嚢湿疹

Copyright© 陰嚢湿疹ドットコム , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.