陰嚢湿疹

陰嚢湿疹を経験した人の切実な悩み―あそこがかゆなんて絶対家族に言えないよ!

更新日:

股間がかゆい!なんて誰にも言えませんが、前触れもなく時を選ばず痒さが襲ってきて「もう嫌だ!」と叫びたくなってしまいます。1日でも早く収まってほしい陰嚢湿疹を自分でなんとか対処する方法を考えてみましょう。

あそこがかゆい!陰嚢湿疹の切実ななやみ

 

このサイトにたどり着いてくださった方は、管理人と同様「金玉がめちゃかゆいんだ!」という悩みを抱えつつも、だれにも悩みを言えずに、「できれば秘密裏に自分レベルで治してしまいたい。。。」と本気で困っている人が多いかと思います。

頭がかゆいとか、背中がかゆい。。なんて相談だったら、奥さんにだって家族にだって打ち明けられますし、薬だってみんなが見ているところで堂々と塗ることができます!でも股間のかゆみについての相談は正直奥さんや母親にいうのも恥ずかしいですし、陰嚢の薬だってどこで隠れて塗ろうか…脱衣所?トイレ?そもそも薬どこに置いておこう…こんな小さなことでも悩んでしまいます。この悩みは本当になった人にしかわかりません!

あそこがかゆい!で提案したいこと

陰嚢湿疹について家族に打ち明けよう!

あそこのかゆみから無事解放された管理人ではありますが、これはひとえに家族の協力があったからだと思っています。なので、「金玉がかゆい」なんて家族に打ち明けるのは恥ずかしいことではありますが、いろいろ悩むより思い切って家族に言ってみるのが一番良かったりします。対処の仕方などもちゃんと説明すれば理解してくれる場合もあると思います。

 

でも実際管理人のほうに来たお悩みメールなどでは、「あそこがかゆくてすごく悩んでいるけど、お母さんに相談もできずに困っている、、、どうしたらいいでしょう。」といったものが多数寄せられます。本当にかわいそうで、同じ悩みを抱えていた管理人からするとたまらなく気の毒です。こちらとしては病院に行くことを一番に提案するのですが、病院に行く前にどうにか自分で対処したいというのが本音だと思います。

陰嚢湿疹対策!まずは洗剤から変えてみよう

民間療法だと、最悪の場合症状が悪化してしまうことがあったりしますし、何か特定の治療法があっても、効果に個人差があったり継続して治療を続けていくことが難しい場合も多いのであまりおすすめしません。でも洗濯洗剤を代えるくらいなら体が悪くなることもないですし、続けることも簡単なので、とてもおすすめです。管理人の経験からすると陰嚢湿疹対策で一番良かったのは洗濯洗剤対策でした。

でも洗剤を代えるだけと聞くと簡単そうなのですが、実際そうでもないのです。家族がいる家では母親や奥さんに洗剤を変えてもらうのは実は結構ハードルが高いのです。家事に興味のない夫や息子がいきなり「この洗剤めっちゃいいから代えて」なんていっても、怪しまれて代えてもらえる確率はかなり低いでしょう。一番いいのは、陰嚢湿疹について説明して理解を得て「ためしでいいから1か月でも洗剤を代えて!」とお願いすることです。

でもそれができない人、股間のかゆみの悩みを打ち明けることが難しい人にはお勧めのやり方があります。

陰嚢湿疹対策―あそこがかゆいとは言わない

 家族には陰嚢がかゆいではなく「皮膚がかぶれる」と申告する

股間がかゆいというのが恥ずかしいなら、下着で皮膚がかぶれるから洗剤を代えてほしい、とお願いしてみましょう。皮膚かぶれは下着が密着して起こる場合も多いので、肌に優しい洗濯洗剤を自分で買ってきて、自分の下着(Tシャツ、靴下、パンツ等)だけは自分で洗うと申し出るのも手です。

自分でふろ場でパンツを洗う

お風呂に入るときに「最近下着でかぶれるみたいだし、石鹸で自分で洗うね。」などと言ってふつうの石鹸で自分で洗いましょう。体を洗う石鹸は一般に売られている洗濯用洗剤より刺激がきつくないので、普通の体用の石鹸で洗うだけでも股間のかゆみが緩和される場合があります。石鹸カスが残っているとかゆみの原因になりかねないので、十分すすいで、しっかり絞って自分で干せばOKです。

陰嚢湿疹の人におすすめの洗剤!



陰嚢湿疹になる人の多くはもともと皮膚が弱い人が多いように思います。なので、食器洗い洗剤や掃除に使う洗剤なども改めて見直してみると良いでしょう。でも実際、何から何まで代えるのはいろいろと面倒でもありますし大変です。管理人が最近出会った洗剤はそんな問題をまとめて解決してくれる便利アイテムでよかったので、ご紹介したいと思います。

最近出会った陰嚢湿疹対策の便利洗剤

陰嚢湿疹対策 あきらめないで、できることをやってみる

なかなか周りに理解してもらいにくい「陰嚢湿疹」ですが、あきらめたら一生付き合っていかなくてはなりません。あきらめずにいろいろ対策すればよくなることもありますので、頑張ってみましょう。でも無理は禁物です!ひどくなる前に恥ずかしくても病院に行く勇気も必要です。病院の先生はいちいち「陰嚢湿疹なんて恥ずかしい奴だな」などと思っていては仕事になりません、結構あっさりと対応してれます。あきらめないで、できることをやっていきましょう!

-陰嚢湿疹
-, , , , ,

Copyright© 陰嚢湿疹ドットコム , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.