くすり 陰嚢湿疹

乾燥で股間がかゆいなら【ワセリン】

投稿日:

カサカサ陰嚢湿疹には【ワセリン】

商品の詳細はこちら

ワセリンは石油からできている商品で、アレルギーを起こしにくいことでよく知られています。実際アトピー対策にも効果があるという結果も出ていて、安全性はお墨付きです。しかしながら管理人はワセリンが石油由来であることを知った時は驚いてしまいました。石油からできているものはあまり肌によくないというイメージがあったからです。でもよく調べてみると、精製技術の進歩で不純物が非常に少なく安全性が高いということです。医薬品の基剤や、化粧品の基剤としても用いられていて、基本的には副作用のないもの、安全性の高いものとして取り扱われています。

ワセリンは肌に浸透しにくい でも カバー力が優れている

ワセリンは乾燥した肌にしみこんでいくというものではありません。またワセリン自体に薬効成分があるのでもありません。ワセリンはカバー力に優れていて、肌の水分が逃げるのを抑えたり、外部からの刺激から保護する役割を果たしてくれます。

陰嚢湿疹の場合、皮膚が弱いと下着の生地の素材がチクチクと刺激になったり、下着に残っている洗剤が股間への刺激になってしまうことがあります。そういう場合にワセリンを塗ってカバーしておけば刺激から股間を保護することができます。ワセリン自体に水分の浸透力がないので、カサカサの陰嚢湿疹に使う場合はかゆみを抑える薬を塗った後でワセリンを薄くコートするように塗るのがベストな使い方です。

ワセリンを陰嚢湿疹に使う時の注意点

注意したいのはワセリンを塗りすぎることです。塗りすぎるとビニールを完全にかぶせているような状態になり、熱が皮膚にこもり塗りすぎた股間がカッカと熱くなってしまいます。それはそれで陰嚢湿疹によくないので、塗りすぎには気を付けましょう。管理人もそうですが、敏感な人は塗ってすぐに皮膚が熱くなるのを感じます。その場合は塗りすぎの可能性が高いので、洗い流すか、ティッシュで余分な分は取り除くようにしましょう。また、ワセリンの純度も気を付けましょう。純度の高いものは白色ワセリンとして知られています。肌がとても敏感な人はわずかに残った不純物にも反応してしまうことがあるので、不純物のなるべく少ないものを選ぶようにしましょう。

-くすり, 陰嚢湿疹
-, , ,

Copyright© 陰嚢湿疹ドットコム , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.