ジフェンヒドラミン塩酸塩

陰嚢湿疹(陰金)に使える薬を含めかゆみ止めの薬にはよく処方されている成分ジフェンヒドラミン塩酸塩ですが、かゆみのメカニズムで説明した、かゆみの症状を引き起こすヒスタミンの作用を抑える効果がある抗ヒスタミン薬です。総合感冒薬(かぜ薬)や鼻炎薬、外用のかゆみ止めなどに含まれており、眠気をもたらすことが知られています。

副作用

この催眠の副作用が問題視されていて、服用する際には車の運転など注意が必要な成分です。
しかし、この副作用を逆に利用して睡眠改善薬などが出ています。他にも口渇などの副作用もあります。

ちなみに、脂溶性のジフェンヒドラミンを塩酸塩化して水溶性のジフェンヒドラミン塩酸塩ができます。

更新日:

Copyright© 陰嚢湿疹ドットコム , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.