陰嚢湿疹

陰嚢湿疹のかゆみを治したい―乾燥が原因の場合は入浴剤を代えて保湿しよう!

更新日:

乾燥が原因で湿疹に悩まされている人も多いと思います。実際アトピーの場合病院に行くと保湿をしっかりするようにアドバイスされるので、皮膚のバリアをしっかり行うことは乾燥からくる陰嚢湿疹に関しても必要になってきます。簡単に股間を保湿できる方法に入浴剤があります。

股間のかゆみの原因が乾燥の場合―入浴剤を代えてみる


陰嚢湿疹(陰金)は蒸れてかゆくなる人もいれば、乾燥してかゆくなる人もいます。管理人はどちらにもあてはまるため、夏冬関係なくかゆみに襲われますが、乾燥が原因の場合は保湿することが大切になってきます。保湿剤を毎回塗ればいいのですが、面倒くさい人や全身が乾燥気味な人には入浴剤で保湿することをおすすめします。

股間は蒸れてもダメ、乾燥してもダメ

商品の詳細はこちら

陰嚢湿疹で蒸れてかゆくなる人の原因はおそらくあせもと同じだと思いますので、清潔にして通気性の良い下着を着けることで予防することができます。一方、乾燥してかゆくなる人の場合は清潔にしていても通気性を良くしても良くなることはありません。陰嚢の皮膚のうるおいが減っていたり、繊維が立って刺激的になってしまっている古い下着を着けているからだと思います。乾燥した季節にも金玉袋がかゆくなる人が薬で予防するならオロナインH軟膏メンソレータムADなども良いですし、かゆくなりだしたらラナケインSでかゆみを抑えるのも良いと思います。

股間の保湿は入浴剤にお任せ



商品の詳細はこちら

とはいえ、なるべく薬は使いたくないと思う方も多いと思います。管理人は乾燥した金玉袋のために保湿成分が配合された入浴剤を使うようにしていました。現在は陰嚢湿疹がかなり良くなったので使っていませんが、冬場にかゆくなるタイプの人は一度試してみるのも良いと思います。入浴剤にはあせもを予防するものもありますので、夏場に蒸れてかゆくなるタイプの人でも効果があるかもしれません(夏場はシャワー派なので管理人は使ったことがありません)。

お風呂に入るとお湯に浸かっているので肌に水分が供給されそうな気がしますが、実のところお湯でほぐれた皮膚からはうるおい成分が出てしまっているそうです。なので、お風呂に保湿成分の配合されている入浴剤を使うと、お風呂に浸かっていてもうるおい成分が浸透し供給されるのです。保湿成分のある入浴剤はいろいろありますが、陰嚢湿疹に悩む人は皮膚の弱い人が多いので入浴剤の成分には十分気を付けたいものです。着色料や余分な香料などの含まれていないものを使うようにして、ただでさえ痛めつけられた股間をさらに痛めることがないようにしましょう。

86%以上の方が実感!アトピー肌専用入浴剤『みんなの肌潤風呂』

-陰嚢湿疹
-, , , , , , , ,

Copyright© 陰嚢湿疹ドットコム , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.