陰嚢湿疹

お酒と股間がかゆいのは関係している?!疲れた肝臓を休ませてあげる日を作ろう

更新日:

股間がかゆい陰嚢湿疹の原因がアルコールにある人も多いようです。特に肝臓が弱っている人はアルコールを飲むことで全身に蕁麻疹が出てしまうこともあるようです。飲みすぎで肝臓に負担がかかれば全身に影響が出るというわけです。なので、アルコールがデリケートな陰嚢部分にかゆみを与えても不思議ではないのかもしれません。

 

股間がかゆくてもアルコールをやめるのは難しい

大好きなお酒が股間のかゆみの原因かもしれない

「アルコール(お酒)」で書きましたが、アルコールの影響による陰嚢湿疹(陰金)のかゆみの発生の可能性は大いにありえます。とはいえ、普段ほとんどお酒を飲まない方はよいのですが、仕事の付き合いや個人的にお酒が好きな方はアルコール無しの生活というのが難しいと思います。管理人はお酒を飲めますし大好きなので、お酒の無い生活というのは非常に難しいです。過去に毎日のように飲んでいる時期があり、その時は肌が荒れて、金玉袋にかぎらず体がよくかゆくなりました。しかし、陰嚢湿疹の問題以前に健康診断でひっかかってしまい、お酒を控えるようにしたところ(と言っても週に2、3回は飲んでます)、体のむくみやかゆみがだいぶ改善されたように思います。

肝臓と股間のかゆみ

アルコールと陰嚢湿疹の直接的な関係はわかりませんが、肝臓が弱っている人はアルコールの飲みすぎで皮膚炎を招くことがあるそうです。また単純にアルコールそのものにアレルギー反応を示す人もいます。どちらにせよ、自分の体がアルコールを十分に分解できないのであれば無理して飲むのはよくありません。大きな病気が起きる前のアラーム機能として体や股間がかゆくなっているとしたら、早めにアルコールをやめるか、量を減らすなど対策をとったほうが良いのかもしれません。股間のかゆみの原因を突き詰めたいなら、アルコールを一定期間我慢してみて自分の陰嚢湿疹の原因になっていないか調べてみるのもいいでしょう。

股間のかゆみのために肝臓を強くする

商品の詳細はこちら

肝臓が弱っているのが原因で股間がかゆい人は、アルコールを止めたり減らしたりして肝臓への負担を減らしてみるのがいい対策法になります。加えてストレスや脂肪分の高いものも肝臓への負担となるので、心当たりのある人は思い切った生活習慣の改善が必要かもしれません。生活習慣の見直しは陰嚢湿疹だけでなく、体のいたるところへのケアにもつながるのでやって損するということはありません。また、薬のような効果は見込めませんが、肝臓のためにサプリメントを飲んでいる人も多いようです。サプリだけで肝臓が良くなるということはありませんが、生活習慣の見直しと同時に服用すれば相乗効果を期待できそうです。股間のかゆみが肝臓の弱さから来ているとすれば、肝臓を休ませ、強くする手段をいろいろ講じてみましょう。

股間がかゆいなら思い切った生活改善も必要です

股間のかゆみの原因はいろいろありますが、今回は「アルコール」に注目してみました。肝臓が弱くてアルコールが陰嚢湿疹の原因なのかどうか判別するのは難しいですが、普段から飲みすぎているとか、疲れが取れにくいといった肝臓に負担をかけていそうな生活習慣に心当たりがある人は、肝臓を休めるためにいろいろと試してみるのが一番です。

-陰嚢湿疹
-, , , ,

Copyright© 陰嚢湿疹ドットコム , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.